県内第1号の感染者には優しく対応を-。達増知事は15日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染に関し「誰もが感染する可能性がある。感染は悪ではないと心に刻んでほしい」と述べた。感染者を中傷する風潮が一部にあることに警鐘を鳴らした形だ。

 感染者が全国で唯一確認されていない状況を踏まえ「第1号になっても県はその人を責めない。特に丁寧に優しくし、命と健康を守る」と語り、体調の異変を感じたらすぐ相談するよう訴えた。