久慈市は、国の特別定額給付金の対象外となる市内の新生児に、国と同額の1人10万円を独自給付する方針だ。国の制度では、4月27日時点で住民基本台帳に記載されていることが条件だが、独自に来年4月1日生まれまでの子も対象にする。県内では初の試みで、全国でも珍しい。同学年間の不公平感をなくし、子育てを応援する。

 特別定額給付金は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策。同市は国の給付条件を補う格好で、4月28日~来年4月1日に生まれた子どもに給付する。同市への住民登録が条件で、世帯の所得制限は設けない。この期間に生まれた子どもであれば原則、転入者も対象とする考えだ。

 住民登録だけして実際には居住しないなど悪質なケースもあり得るため、対応を検討する。