西武は14日、選手が着用しているユニホームと同じ生地を使用してつくられたマスクカバーを販売すると発表した。15日からオンラインで予約の受け付けを開始する。利益は埼玉県の新型コロナウイルス感染症対策推進基金に寄付され、医療体制の整備を目的とした事業などに役立てられる。

 球団のマークがあしらわれたベーシックタイプ2種類と、山川穂高内野手(富士大)や源田壮亮内野手ら選手の名前と背番号がプリントされたプレーヤーズタイプ5種類。耐久性や速乾性に優れ、洗濯して複数回使用することができるという。

 価格はベーシックタイプが1070円、プレーヤーズタイプが1290円。