彫刻家で詩人の高村光太郎(1883~1956年)が、東京をたち疎開先の花巻に向かった1945年5月15日から75年を迎える。終戦5日前に遭った花巻空襲で、負傷者の救護に当たった医師、看護学校生らの勇敢さをたたえた詩「非常の時」の情景が、新型コロナウイルスの感染リスクと闘う医療従事者の姿と重なるとして、共感が広がっている。非常時に人間は何をなすべきか、詩は訴えかけてくる。

◇       ◇

 非常の時

 人安きをすてて人を救ふは難きかな。

 非常の時

 人危きを冒して人を護(まも)るは貴いかな。

 非常の時

 身の安きと危きと両(ふた)つながら忘じてただ為すべきを為すは美しいかな。

◇       ◇

 「非常の時」は冒頭、こうつづる。非常事態時、自分の安全な状態を捨て、危険を冒して救護に当たることは難しく、貴い。身の安全や危険を意識の外に追いやり、なすべきをなすことは美しい-。

 光太郎は45年5月、花巻中心部の宮沢賢治の実家に疎開。同年8月10日に花巻駅周辺などが空襲を受け、花巻市が把握するだけで犠牲者は48人を数えた。「非常の時」は終戦後の9月に病院職員の表彰式に出席した光太郎が救護班として活動した勇敢な少女らをたたえ、祝辞に代えて朗読した。