【東京支社】ラグビー、トップリーグ(TL)の三菱重工相模原は、生え抜きのプロップ藤田幸仁(ゆきひと)(宮古高-中大)の退団を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季は途中で中止となり、在籍17年のベテランは不完全燃焼のままチームを去る。今後については「これから考えたい」としている。

 藤田は宮古市出身の39歳。宮古高3年時に花園の芝を踏んだ。中大では年代別の日本代表に選出。大学1年時にU-19(19歳未満)アジア選手権、4年時にU-21(21歳以下)世界選手権に出場した。中大卒業後に三菱重工相模原入り。177センチ、110キロの屈強な体で活躍した。