県高校文化連盟(会長・五日市健盛岡四高校長)は12日、岩手日報社の取材に対し、6~12月に20部門で開催予定の今年の県高校総合文化祭を安全面に留意しながら実施する方針を示した。

 同日開催が正式に発表された全国高校総合文化祭には本県から18部門に参加する予定で、うち15部門の県代表は昨年の県高総文祭などで決定している。

 囲碁、将棋、小倉百人一首かるたの3部門は県大会が新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となったため代表が未定だが、県高文連は過去の大会成績を踏まえて代表を決める方針。