北上市の展勝地開園100周年記念事業実行委員会(会長・高橋敏彦市長、27団体)は、同市立花の展勝地公園にヒマワリや菜の花、スイセンを植える「お花畑事業」をスタートした。11日は第1弾として広大な土地に約4千粒のヒマワリの種がまかれ、今夏に開花予定。来年で1世紀の節目を迎える桜の名勝が彩り豊かに生まれ変わる。

 同日は実行委内のひまわり畑プロジェクト(佐藤孝志代表、5人)のメンバーら7人が手押し機械を使い、桜並木沿い300メートルに整備された約15アールに油糧用品種「春(はる)りん蔵(ぞう)」の種をまいた。7月には一帯が大輪の花で黄色に染まる。

 今後は別のプロジェクトメンバーが7~8月にスイセンの球根を植え、9~10月に菜の花の種をまく。来年にはいずれも桜が満開を迎える前後に開花する。市民から「桜の見ごろが過ぎるとただの緑地になる」と言われる中、来年以降もヒマワリを含む一連の植栽が続けば、夏まで多彩な花々を楽しめることになる。