盛岡工高柔道部 野呂 丈爾さん(2年)

 新型コロナウイルスの感染予防で3月から部活動ができない期間に、毎日動画を見ながら筋トレをしてきました。イメージトレーニングをしながら高総体予選など大会に向けて昨年度の悔しさを挽回しようと、気合十分で新年度を迎えました。

 全てが中止で3年生の先輩は成すすべなく引退。最後の試合にかけていた無念と、来年度われわれがそうなったらと思うと、ぽっかり穴があいたような、いたたまれない気持ちになりました。

 これは全国の中高生の部活動に携わっている人全員が思っていることです。今しか味わえない試合ができないのは、仕方がないことかもしれません。どんなことがあろうと、柔道の精神を忘れずに前に進むしかないと思っています。