一関市田村町の世嬉の一酒造(佐藤航社長)は、消毒液の代用品として高濃度アルコールを製造している。新型コロナウイルス感染症の影響で消毒液の品薄が続く中、12日から市内の小中学校や医療機関を優先に千本を供給する。

 商品名は「いわて蔵ビールアルコール65%」(300ミリリットル)。従業員がデザインした瓶のラベルには、疫病を鎮めるとされる半人半魚の妖怪「アマビエ」が描かれている。

 店頭販売も予定。商品にはシリアルナンバーを入れて転売防止を図る。1本990円。問い合わせは同社(0191・21・1144)へ。