大船渡市三陸町越喜来(おきらい)の旧甫嶺(ほれい)小跡地を活用した自転車競技BMXの屋外コースが9日、プレオープンした。国際レースを行う基準を満たしたコースは東北・北海道で初めて。校庭から生まれ変わった起伏に富んだコースを地元の子どもたちが駆け回った。

 コースは全長約350メートルで、三つのカーブと、セクションと呼ばれる19個の勾配を整備。高さ5・5メートルのスタートヒルからは越喜来湾も一望できる。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、15日までは同チームのみ利用可。16日以降は県内在住者に開放する。