発生日時 令和2年4月29日午後1時ころ
発生場所 盛岡市内

 

-内容-

 

 盛岡東警察署の警察官を名乗る男から電話があり、「あなたのキャッシュカードが東京で不正に使われた」「すぐにキャッシュカードの暗証番号を変えなければならない」「警察官がそのキャッシュカードを取りに行きます」等と言われた。
 その後、電話を繋いだままと指示されていたところ、警視庁の警察官を名乗る男が訪ねてきて、キャッシュカード1枚と暗証番号を書いた紙を手渡した。
 訪れた男からは、「封筒に割り印をするから印鑑を持ってきてほしい」と言われたため印鑑を取りに行き、割り印をついた上で封筒を手渡された。
 その後、「封筒はしばらく開けないでください」と言って立ち去っていった。
 被害者は、不審に思い娘夫婦に連絡し、警察へ通報。
 封筒には全く違うカードが入っておりすり替えられて盗まれたことに気づいたもので、口座残高を確認したところ100万円が払い戻されていたもの。

 

◇  ◇  ◇

 

◎ 警察からのお願い
 今回は、訪問していた犯人の指示通りに自分のキャッシュカードと暗証番号の紙を封筒に入れ、気づかないうちにそのキャッシュカードがすり替えられ盗まれる被害です。
 今回のような者から電話がかかってきたり、訪問した場合には、個人情報等は教えず、すぐに警察に通報してください。