東北運動記者会(岩手日報社など新聞・通信社20社、放送18社加盟)は1日付で「東北運動記者会スポーツ大賞」にバドミントン男子シングルスの桃田賢斗選手(NTT東日本、福島・富岡高出)を選んだ。

 投票による選出で、大船渡高3年の昨春、球速163キロをマークした高校野球の佐々木朗希投手(ロッテ)が桃田選手に次ぐ2番目の票を獲得した。

 賞は前年度に活躍した東北ゆかりのアマチュア選手・団体から、加盟38社の投票(1社2票)を基に選出する。東北の学校、企業に在籍した選手も含む。佐々木投手を除く本県関係では、スポーツクライミングの伊藤ふたば選手(TEAM au、盛岡中央高3年)、大船渡高野球部がともに2票で7位タイだった。