盛岡市内丸の県公会堂(工藤昌雄館長)は、2017年に完成90周年を迎えた同館の記念写真集を発行した。建造物の価値を後世に伝えるため、建物の様子や装飾などを詳細に撮影。県民にさらに親しんでもらおうと、県内各地の図書館など61施設に寄贈した。

 A4判103ページ。象徴的な塔屋や各部屋、文化芸術の拠点となった大ホールをはじめ、壁面のレリーフや細部の装飾など、100枚以上のカラー写真で魅力を伝えている。

 昨年12月に完成し、今月までに県立図書館や県内市町村の図書館などに寄贈した。限定10冊を先着順で一般に販売する。5千円。問い合わせは県公会堂(019・623・4681)へ。