一関市の全国もちフェスティバル実行委員会は3日、新型コロナウイルス感染症拡大を踏まえ、同市狐禅寺の市総合体育館前特設会場で25、26日に開催予定だった第9回同フェスの中止を発表した。

 同フェスは2012年から「もちサミット」として毎年秋に開催していたが、今年から名称、時期を変更するなどリニューアルし、全国の33店舗が出店予定だった。中止は台風19号の影響を受けた昨年秋に続き2年連続。

 29日に同市大町で開催予定だった一関春まつり(実行委主催)も中止する。