巨人のドラフト1位ルーキー堀田賢慎投手(花巻北中―青森山田高)が、神奈川県内の病院で2日に右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたことが3日、分かった。全治は不明だが、投球再開まで約8カ月かかる見込みという。

 1月下旬の新人合同練習で右肘に張りを訴えて軽度の炎症と診断され、キャンプではリハビリを行うなどファームで過ごしていた。2月中旬にキャッチボールを再開したが、3月に入ってからはノースロー調整。体力づくり中心のメニューに取り組み、「戦っていく体をつくらないといけない」と話していた。