東日本大震災と昨年の台風19号で被災した、山田町の船越公園チューリップ園が見頃を迎えた。赤や黄、白、紫など10種類のチューリップが住民らの目を楽しませている。あと10日間ほど咲き続ける。

 同公園は昨年、住民団体BG浦の浜会(藤原長一会長)が球根を植えてチューリップ園を復旧。しかし、同年10月の台風19号で再び被災した。同会や高校生ボランティアが石や土砂を取り除き、球根を植え直した。

 藤原会長(71)は「多くの人々の支援で今年も見事な花を咲かせてくれた。密集せず眺めてほしい」と目を細める。