3月の県内は記録的な暖かさとなった。盛岡地方気象台によると、36観測地点のうち、盛岡や宮古など31地点で月平均気温が3月の観測史上最高を更新した。気象庁によると、全国的に気温が高く、特に北日本(北海道、東北)は月平均気温が平年値を2・5度上回り、3月で観測史上最も高くなった。

 県内の月平均気温が3月の観測史上最高だったのは盛岡4・8度(平年比2・6度高)、宮古6・0度(同2・7度高)など。大船渡は6・5度(同2・7度高)で同2位だった。