「コロナニマケルナニッポン」。野田村野田の久慈工高(日當仁己(ひなたひろみ)校長、生徒88人)の生徒は28日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、校庭に応援メッセージを描いた。授業で学んだ測量の技術を生かした大作で、全国高校総体(インターハイ)中止に落胆する高校生や不安が広がる世の中にエールを送る。

 大きさは縦30メートル、横40メートルで建設環境科環境土木コースの3年生9人が描いた。1文字10メートル四方の升を取り、2メートル幅の線で文字をデザイン。測量して文字の形にくいを打ち、水を掛けてメッセージを浮かび上がらせた。

 制作は授業の一環で行い、4日間で計10時間を費やした。水で描いたため文字は消えるが、今後「ニッポン」の部分を47都道府県に変えた各県の応援も企画し、学校のホームページで公開する予定だ。