新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、現在感染者が確認されていない県内でも葬儀の形が様変わりしている。感染リスクを考慮し、近親者のみで小規模に弔うケースが増加。葬儀会社は参列者同士の距離を広げ、納棺などの作業時はスタッフらが感染しないよう資材などの準備を進める。全国では葬儀の参列者が集団感染した事例もあり、故人との最後の別れとなる時間にも影響が出ている。

 いわて生協(滝沢市)が運営する盛岡市中野のセリオホール中野は、参列者が多く通夜室で適度な距離を取れない場合、利用価格は変えずに広めのホールも使えるよう配慮する。遺族には県外からの参列を控えられるか、相談する場面もあるという。

 今後県内で感染者が出た場合に備えた動きも出ている。北上市大通りの八重樫葬具店(八重樫徹子代表)は、市の指導に沿って遺体を扱う際に着用するマスクやゴム手袋などを用意する。このほか、納棺作業時の防護服の準備など、病院と相談しながら検討を進める葬儀会社もある。