二戸市石切所の馬淵川に架かる川原橋付近の桜並木が見頃を迎えた。川沿いの約250メートルに連なる桜のアーチが人々の目を引きつけている。

 桜並木は30年以上前に地元の若者が地域貢献の一環で植樹したのが始まり。枯れてしまう苗木も少なくなかったが、地元の町内会が活動を継続し、立派に成長した。市観光協会によると、桜は5月上旬まで楽しめるという。