街中を一望できる高台にある久慈市中町の巽山公園で、ソメイヨシノやシダレザクラ約120本が見頃を迎えている。

 散歩で訪れた近隣の住民らが咲き誇る花を眺めたり、スマートフォンで撮影するなどして楽しんでいる。

 一方、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う全国を対象とした緊急事態宣言を受け、市観光物産協会が例年行っていた夜間のライトアップは中止。市は感染拡大防止のため、同公園での宴会自粛や散歩時のマスク着用などを求めている。

 市道路河川維持課の中塚義信課長は「お花見は春の楽しみの一つではあるが、長居しないことなどに努めてほしい」と呼び掛ける。花は5月上旬まで楽しめる見込みだ。