IGR岩手川口駅「園井恵子 花のみち」プロジェクト実行委(柴田和子委員長)は、岩手町川口の同駅前に宝塚大劇場をイメージした「花のみち」を整備する。同町から夢を追いかけて単身旅立った町ゆかりの宝塚女優、園井恵子(本名袴田トミ)の思いを再現。志半ばで戦争に命を奪われた未完の大女優の足跡を次世代に継承する。

 「花のみち」は幅6メートル、延長65メートルで、同駅東側の旧駐輪場跡地に整備。植栽する花は白ツバキやスズラン、ヒマワリなど10種類以上で、入り口には同劇場と同様に灯籠も設置する。8月までの完成を目指す。

 総事業費は700万~800万円を想定。実行委は25日から5月末まで、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)に挑戦し、趣旨に賛同する人を広く募っている。

 問い合わせは実行委事務局(0195・62・2307)へ。クラウドファンディングはhttps://readyfor.jp/projects/sonoikeiko