新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言を受け、盛岡市は24日から5月6日まで出勤職員の5割削減に取り組む。人との接触を低減し、職員に感染者が発生した場合の業務継続体制を確保する。通常より窓口手続きに時間を要することも想定され、市民に協力を呼び掛ける。

 市職員約3千人のうち、対象は市長内部部局の13部64課に属する一般職約1900人。期間中は各課を2班に分けて、原則1日交代で通常出勤する。出勤しない班は在宅勤務を割り振るほか、休日への振り替え勤務も想定する。