千葉県から一関市に帰省していた最中に破水し救急搬送された30代の妊婦の受け入れを、新型コロナウイルスの感染リスクを理由に県立磐井病院(一関市)と県立中部病院(北上市)が断っていたことが、23日分かった。病院側は「院内の感染対策が不十分」として受け入れを拒んだが、県医療局は「緊急性があり誤った対応だった」としている。

 県医療局によると、女性は妊娠35週で一関市の実家に帰省中の17日に破水。連絡を受けた市消防本部が磐井病院に受け入れを求めたが「(ウイルスの漏れを防ぐ)陰圧装置が手術室にない」として拒んだ。

県立中部病院

 発熱などの症状はなかったが、帰省して4日しかたっておらず、感染リスクが高いと判断したという。

 その後、搬送先が見つからない場合に受け入れ先を調整する搬送コーディネーターが中部病院に連絡したが、同様の理由で断った。女性は民間の病院に運ばれ、PCR検査で陰性が確認された後、帝王切開で出産した。