県は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた地場事業者支援策を固めた。各商工団体が行う経済対策事業費と、温泉旅館やホテルの前売り宿泊券の発行費用を補助する。商品券や買い物ポイントなどの発行で市町村を一つの単位としたお金の循環を促し、前売り券で宿泊業者の現金収入と事業継続につなげる。

 商工団体への補助は、総額2千万円程度と見込まれる。商工会議所や商工会向けと見込まれ、各団体が地域住民に販売する商品券や飲食クーポンなどの発行を促す。緊急事態宣言が本県を含む全国に拡大し、往来の自粛が求められている。海外や県外からのお金や物、サービスの流れが細る中、地域内循環につなげる。宿泊券の発行費補助には総額約1千万円が充てられる見通しだ。