花巻市教委は22日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い市内の小中学校が休校になった場合、児童生徒に学習機会を提供するため、えふえむ花巻(78・7メガヘルツ)を活用してラジオ講座を実施する方針を示した。

 同日開かれた市議会臨時会本会議に先立ち、佐藤勝教育長が「ラジオ講座の提供や、同番組音声の市ホームページへの掲載を検討している。各校の授業動画を作成し、自校のホームページへの掲載を目指したい」と説明した。

 市教委によると、ゴールデンウイーク中にラジオ講座を試行。小学3~6年の外国語活動・外国語科と中学1~3年の数学の学習プリント問題を解説する予定。