新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、久慈市の久慈秋まつり(9月17~20日)は山車とみこしの合同運行が中止の方向となった。20日に同市内で実行委(山本えり子会長)の山車運行部会を開き、5月の総会に中止案を示すことを決めた。期間中は約10万人が訪れる県北最大級のイベントが、苦渋の決断を余儀なくされた。

 同部会は5月上旬から山車作りが始まり、期間中も大勢が訪れることなどを踏まえ、中止が妥当との方針で一致した。山車運行などの中止は台風10号で市街地が被災した2016年以来。