二戸市の酒造会社南部美人(久慈浩介社長)は、消毒液の代用品として、77%の高濃度アルコール商品の製造販売に乗り出す。消毒液は新型コロナウイルス感染症拡大により品薄で、厚生労働省の特例通知を受けて対応する。県内の医療機関などに優先販売する。

 「南部美人アルコール77」の商品名で、一部の日本酒の原料となる醸造アルコールをベースに加水してつくる。来週から同市下斗米の同社馬仙峡蔵で製造する計画。

 今月末をめどに発売し、医療用品販売会社と連携して県内の医療機関へ優先的に供給する。300ミリリットル入り、酒税を含めた価格は千円前後となる見込みだ。一般向けに度数65%での製造も検討している。