19日は二十四節気の一つ「穀雨(こくう)」。穀物を潤す恵みの雨が降る時季とされる。18日の県内は低気圧の影響で曇りや雨となった。

 盛岡市紺屋町の中津川沿いでは、雨で鮮やかさを増したシダレヤナギの黄緑とピンクに色づいた桜の共演が市民を楽しませている。新型コロナウイルス感染症の影響か人通りはまばらだったが、時折傘を差した市民が目を向けていた。