釜石市鈴子町 かまいし特産店店長 下川原繁夫さん(51)

 震災から約2週間後に父の遺体が見つかった。釜石市大町の実家は酒の卸売りをしていて、ブランデーやウイスキーがたくさんあった。洗ってきれいにした酒を東京のバーに置いてもらい、後日お金がずっしり詰まった貯金箱を送っていただいた。4年前に本設再建し、自宅があるありがたみを感じている。ボランティアの人たちに直接礼を言えないのが心残りだ。