県警高速隊(古里正博代表)と東日本高速道路の交通管理隊は15日、パトカーやヘリコプターで東北道を警戒する「いわてハイウェイ・ガード作戦」に乗り出した。

 盛岡南インターチェンジ(IC)では同日、車両6台が出動。花巻空港からは県警ヘリが飛び立ち、上空から危険なあおり運転や速度違反がないか目を光らせた。作戦は6月末まで展開する。