陸前高田市気仙町の済生会陸前高田診療所で勤務した30代の男性応援医師の新型コロナウイルス感染を受け、同市教委は16日、市内の全10小中学校を17日から24日まで臨時休校すると決めた。県教委も同市の高田高を同じ期間休校とする。同診療所は16日朝から、通常通りに診療を行った。

 市内の学童クラブも閉鎖。部活動やスポーツ少年団活動は自粛を求める。市内8保育施設は開所する。

 高田高も生徒に基本的に自宅で過ごすよう指導し、部活動は禁止する。県教委は16日、県内全域の県立学校と市町村教委に▽感染症対策の徹底▽医療的ケアが必要、基礎疾患がある児童生徒が登校すべきでないと判断される場合は欠席日数に記録しない▽学校の対策の説明を受けた上で、保護者が感染の可能性が高いと判断した場合は欠席扱いにしないことも可能-との通知を出した。