大槌町は15日、防災行政無線を使って町内全域にラジオ体操を放送した。新型コロナウイルス感染症対策で外出自粛の動きが広がる中、運動不足を解消し健康被害を防ぐのが狙い。来月6日まで、午前9時と午後3時の1日2回放送する。

 15日の朝は、平野公三町長が体操への参加を無線で呼び掛けた。同町吉里吉里の町公民館吉里吉里分館前では午前9時、近くのつつみこども園(芳賀カンナ園長、園児71人)の年中・年長クラスの園児計19人と地域住民らが集まり、ラジオ体操第1に合わせ伸び伸びと体を動かした。