久慈市の久慈青年会議所(障子上文義理事長)は、久慈地域の飲食店で持ち帰り可能なメニューをまとめたスマートフォンアプリ「久慈テイクアウト」を開発した。17日から運用開始予定。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、売り上げが減っている飲食店事業者を支援する。

 アプリは無料で閲覧可能。メニューの写真や値段、店舗の電話番号や地図などがそれぞれ掲載されている。利用者は好きなメニューを探し、店舗に直接注文する。飲食店の参加料は無料で、現在約10店が登録しており、随時掲載される。

 アプリの閲覧および参加登録はhttps://rjr8c.glideapp.io/から。問い合わせは同青年会議所(0194・53・4671)へ。