県は15日、陸前高田市の済生会陸前高田診療所で10日に勤務した30代の男性応援医師が、居住地の宇都宮市に移動後、新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。当日勤務した診療所のスタッフ全11人について15日、PCR検査を行った結果、いずれも陰性となったが、当面は慎重な経過確認が必要だ。

 県によると、医師は9日、新幹線で本県入りし、一関市内で宿泊。翌10日に診療所のバスで陸前高田市へ移動し、午前9時から午後4時まで、マスク着用で診療に当たった。勤務終了後、その日のうちに一関市から新幹線で県外に出た。

 医師の勤務日に診療所を利用した93人には大船渡保健所が2週間の健康観察を行い、不調を訴えた場合は速やかに検査を行う。