2020.04.15

駅そば発祥、一ノ関だった? 定説覆す可能性

一ノ関駅構内にあった松月堂支店。「そば」の文字を確認できるが、撮影時期は特定できない(斎藤哲子さん提供)
一ノ関駅構内にあった松月堂支店。「そば」の文字を確認できるが、撮影時期は特定できない(斎藤哲子さん提供)

 駅そば発祥の地はどこか-。これまで草分けの最有力に挙げられていた軽井沢駅(長野県)より前の1906(明治39)年には、JR一ノ関駅(一関市)で販売が始まったとする声が地元や鉄道関係者から上がり、定説を覆す可能性が浮上している。

 JR線では、花泉駅(同)と並んで県内で最も古い一ノ関駅は16日、開業130周年を迎える。節目の年に「駅そばのルーツ」という新たな歴史を書き加えられるか、足跡をたどった。

 

記事の続きは岩手日報朝刊岩手日報デジタル版でお読みください。

 岩手日報購読申し込み 岩手日報デジタル版申し込み

関連リンク