岩手県高野連(会長・南舘秀昭盛岡工校長)の2020年度第1回常任理事会は15日、盛岡市永井のキャラホールで行われ、春季東北地区高校野球県大会(5月15日開幕)について、地区予選から中止する案が承認された。17日の評議員会で最終決定する。

 14校の責任教諭らが出席。3月30日の臨時理事会で地区予選を規模縮小し無観客で春季大会を実施する方向で進め、同日は新たに代表校32校を30校に減らして行う案を提案する予定だったが、東北大会が既に中止となり、14日には県高校総体の中止が決定的となるなど、新型コロナウイルスの終息の見通しが立たず決断した。

 大原茂樹理事長は「このまま卒業させたくはない。非常に悔しい思い。皆さんの知恵を借りながら夏の岩手大会開催にむけて案を探りたい」と声を詰まらせた。