県内の医療機関などでつくる県新型コロナウイルス感染症医療体制検討委員会(委員長・加藤章信盛岡市立病院長)は14日、患者の重症度に応じて受け入れ先を調整する入院等搬送調整班を設置した。感染が疑われる人の医療窓口となる既存の帰国者・接触者外来に加え、新たに「発熱外来」の開設も進め、拡大時の封じ込め体制を強化する。

 調整班長は統括災害派遣医療チーム(DMAT)を率いる岩手医大救急・災害・総合医学講座の真瀬智彦教授が務め、県庁に常駐。症状に応じた治療の優先順を決めるトリアージを行い、人工呼吸器、人工心肺装置「ECMO(エクモ)」の対応力や地域の状況も勘案して受け入れ先も調整する。

 感染が疑われる人は現在、各保健所や県庁内の帰国者・接触者相談センターへの電話相談を経て、帰国者・接触者外来(場所は非公表)を受診する流れ。同様の機能を担う発熱外来を設ける。高機能マスクなど医療資材の調達と併せ、設置場所など詳細を詰める。