県内の百貨店の店員をかたり個人情報を聞き出そうとするおれおれ詐欺の予兆電話が県南地域を中心に発生している。県警は「質問に答えず、警察に相談してほしい」と注意を呼び掛けている。

 県警生活安全企画課によると、8日正午から9日午後6時ごろまで、北上、花巻、紫波、滝沢、奥州の5市町で21件の予兆電話を認知した。

 百貨店の店員をかたる男から固定電話に連絡があり、「あなたの名前で時計が買われている」として、保証書送付を理由に住所を聞き出そうとした。続いて警察官をかたる男から「あなたの口座から金が引き出されている」との電話があり、口座番号を尋ねた。同課は個人情報を聞き出し、現金やキャッシュカードをだまし取る手口につながるとみている。