北上市南部学校給食センター(高橋良枝所長)が同市相去町の北上産業業務団地内に完成し、稼働を始めた。特定原材料7品目を取り除くアレルギー対応食も提供。新学期を迎えた子どもたちに安心でおいしい食事を届け、学校生活を後押しする。

 新センターは鉄骨造り一部木造2階建てで、延べ床面積2792平方メートル。1日最大4千食を提供可能で、市内の11小中学校と支援学校2学部に配送する。米飯は同市の北部学校給食センター管轄の6小中学校、2幼稚園にも提供する。