せせらぎが心地よい小川川沿い。満開を迎え、咲き乱れた桜が春の訪れを告げている。11日は、新型コロナウイルス感染症の影響で遠出を控える地元の家族連れらが訪れ、散歩や写真撮影を楽しんだ。

 青空が広がる絶好の花見日和だったが、外出自粛ムードのためか人けはまばら。近隣住民らが薄ピンクに染まった花びらを眺め、笑みを浮かべた。