一関市藤沢町増沢の山に、春の妖精・カタクリが咲き始めた。9日の県内は低気圧の影響で曇りとなったが、時折差し込む陽光に、紫の小さな花が存在感を示した。

 長年手入れされていなかった約1ヘクタールの群生地を、山を所有する三浦哲朗さん(69)と三浦雅喜さん(69)が今年から整備。ササを刈り、一部をロープで仕切って200メートルの散策路とした。今週末から来週にかけて1週間程度が見ごろとなりそう。

 盛岡地方気象台によると、10日の県内は日中は曇りで、所により雨が降りそうだ。