大槌町赤浜 町観光交流協会事務局員 小国 夢夏(ゆか)さん(22)

 東日本大震災当時は中学1年生。町が津波にのまれるのを見て、祖父母を亡くした。震災があって実家が大好きに、町に愛着を抱くようになった。町職員や他県の生徒と防災について意見交換した高校時代の経験から、地域のためにできることを考え始め、4月からここで働いている。町内の人と顔見知りになって、皆で大槌のファンを増やしたい。