県北バスグループ合同入社式は31日、宮古市日立浜町の浄土ケ浜パークホテルで行われた。新入社員9人は会社や地域に貢献する決意を共有した。

 今春入社するのは観光バスガイド4人、養成バス運転士2人、総合職1人、浄土ケ浜パークホテルのサービススタッフ2人。新型コロナウイルス感染症対策でマスクを着用し、検温をして式に臨んだ。

 県北バスの松本順社長が代表者に辞令を手渡し「人類はウイルスの脅威を克服し、必ず明るい日々が戻ってくる。それぞれが心配りとおもてなしの精神を忘れず、社会人として成長してほしい」と激励した。