酪農が盛んな一戸町の飲食店で、料理に牛乳を使った「乳和食(にゅうわしょく)」メニューの提供が広がっている。販路拡大に向けて町や酪農家がレシピを考案し、働き掛けたのがきっかけ。産地振興や消費拡大につながることが期待される。

 乳和食はみそやしょうゆの調味料に、牛乳を組み合わせた料理。塩やだしの量が減る一方、コク、うま味が増すのが特長で、減塩による高血圧予防などの健康効果があるという。

 同町一戸の味彩工房逢坂では、昨年12月から牛乳と魚介スープを組み合わせたラーメンを提供。同町一戸のけん坊や同町中山の気まぐれ工房め~め~亭でも、牛乳を使ったメニューを用意している。その他にも乳和食に興味を示している飲食店があるといい、今後の広がりが注目される。