大相撲春場所初日(8日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で西前頭14枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東15枚目の剣翔に寄り切りで敗れ、初日を白星で飾れなかった。

 錦木はいいところがなかった。剣翔に立ち合いですぐにもろ差しを許し、両まわしも引かれて腰が伸びる。反撃の糸口をつかめず、あっけなく寄りに屈した。

 2日目は西15枚目の千代丸と対戦する。