西武の山川穂高(富士大)が2本塁打と調子を上げてきた。六回2死無走者で岡田の直球を完璧に捉え、バックスクリーンへオープン戦1号を放つと、八回にも左翼席へソロを運んだ。「内容も徐々に良くなってきていたし、そろそろ欲しいなと思っていた」と笑った。

 無観客だが、テレビで見るファンのために、おなじみとなった「どすこい」のポーズも披露した。昨季は不振により夏場に4番を外れた。辻監督は「どう考えてもそうでしょう」と、開幕4番を任せる方針を示した。