北上市立花の市立博物館(杉本良館長)は29日まで春の人形展を開いている。江戸から現代までのひな人形の移り変わりに触れることができる。

 素朴な表情の元禄びなや冠などが華やかになった享保びな、写実的な容姿と美しい衣装の古今びな、通常の倍近い50センチの大きさの立ちびな、花巻人形など12組32体を展示する。

 午前9時~午後5時。9、16、23、24日休館。観覧料は一般500円、高校生240円、小中学生170円(北上市、奥州市、金ケ崎町、西和賀町の小中学生は無料)。