バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岩手ビッグブルズがシーズン途中に主将を交代してB2復帰を目指している。先月から重責を担うPG伊藤良太(27)は「上のカテゴリーに行くことで地域を盛り上げたい」と意欲。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公式戦は中断しているが、シーズン終盤の負けられない戦いに向けベストを尽くす。

 連敗中だった2月上旬、吉田優磨アソシエイトヘッドコーチから「チームのために主将をやってほしい」と頼まれ、快諾した。主将を担うのは慶大時代以来。プロ選手をまとめることに難しさもあるが「勝ちたい気持ちはみんな同じ。責任を感じるけれどやりがいもある」と前向きだ。