2020.03.07

テレワーク活用 柔軟な働き方の浸透を

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、在宅勤務などのテレワーク活用が求められている。大手企業を中心に動きが広がるが、業種・規模によって取り組みに温度差がある。「どこでも働ける」環境づくりは、どこまで浸透するのか。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞